きらりと光る 相馬観光ガイド
HOME新着情報相馬と御仕法の歴史をたどる旅
相馬と御仕法の歴史をたどる旅

 

江戸時代後期の著名な農政家として大きな功績を残した二宮尊徳(金次郎)

勤勉と勤労の象徴として、小学校に銅像が立っているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか?

 

実は、二宮尊徳の説いた教え(御仕法)と相馬の歴史には深い関わりが。現在もその精神が生きています。

 

後世へと語り継がれ、史跡として残る「御仕法」の足跡をたどってみましょう!

 

pdfはこちら